返済能力があるということが大切です

「今月、ちょっと赤字かも…」
「どこかから借入できればいいけど…」
と、家計をやりくりしている主婦の方などが考えることは珍しくありません。そして、このような願望があるとき、プロミスはとても魅力的です。
しかし、プロミスには総量規制という法律上の制限があるために、個人として自分自身で収入を得ている方でなければ、申し込むことは不可能なのです。

 

プロミスに申込みするための絶対条件とは

プロミスに申込んでお金を借入したいと考えても、プロミスの審査を通過するために絶対にクリアしておくべき条件を備えていなければ、プロミスを利用することはできません。
その条件とは、

 

  • 安定した収入があること
  • 年齢が20歳〜69歳であること
  • 借入希望額が年収の1/3以下であること

 

です。これらの条件を備えて初めて審査で融資を検討される段階に移行できます。

 

在宅ワークや内職でもプロミスは利用できる?

例えば、完全なる専業主婦である場合には、総量規制により借入を申込むことはできません。総量規制とは、貸金業法という法律に基づいて消費者金融などの金融機関が融資を行う場合に適用される制限です。その内容としては、年収の1/3を超える額を借入することができない、というもの。つまり、年収がゼロの場合はその1/3もゼロなわけですし、返済する能力もないとみなされることも相まって、一切借入を申込むことができないということになるのです。では、在宅ワークや内職などで収入を得ている主婦の方の場合はどうなるのでしょうか。実際には、在宅ワークであるとか、内職といった勤務の形よりも、安定した収入があるかどうか、ということが重要なのです。そのため、内職はどうしても収入の金額は低くなりがちで、利用することが難しいというのが一般的でしょう。在宅ワークで一定の収入を毎月確保できている方のほうが審査に通過できる確率は高くなります。もちろん、内職でも安定してある程度の収入を毎月得られている方の場合はこの限りではありません。もちろんパートやアルバイトなど、勤務の形態は問わず一定の収入があるということさえわかれば、返済能力があるということで、問題なくプロミスの審査を通過することができます。

 

どうしてもプロミスを利用したい場合

自分自身で収入を得ていることを証明できない専業主婦などの方の場合は、配偶者名義で申込をしなくてはなりません。もちろん配偶者に相談して同意してもらわなければいけませんし、家族に内緒で利用するということは難しいと言えますが、こうすることでプロミスを利用することはできます。

 

銀行は総量規制の適用外

貸金業法の対象となり、総量規制が適用される消費者金融でなければ、専業主婦でもローンを申込むことは可能です。つまり、プロミスなどの消費者金融系ではなく、銀行系のカードローンを申込むことになります。ただ、この場合も配偶者の収入に基づいての審査となりますし、利用限度額は低く設定されることとなるのが一般的ですから、条件や利用限度額などについては、実際に申込するまえにしっかりと調べておきましょう。

 

主婦でも学生でも、カードローンは利用できる

たとえ自分自身に収入がない状態でも、カードローンを利用することは可能です。しかし、自分名義で契約できないとか、配偶者に同意してもらってからの申込になるとか、いろいろな制約を受けることは避けられません。特に、家族に知られずにカードローンを使いたいという方には好ましくないということになりますし、そのような場合はやはり安定した収入が得られる仕事を始めることが先決だということにもなります。融資を行う側にとっても、借入する方が無収入とあっては、返済してもらえるものか不安になってしまうというのは仕方ありません。ですから、プロミスは専業主婦などの属性の方に配慮しているとはいえ、やはり仕事をしている方のほうが審査を通過しやすくなってしまうのです。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス