どのような方でもプロミスを利用することは可能です

派遣社員、契約社員、パートタイマー、etc…。近年では様々な雇用の形が定着しつつありますし、派遣社員という立場の方も特に珍しくありません。派遣社員というと、どうしても正社員に比べると安定性に欠けてしまうというのが一般的な見方です。そうなってくると、プロミスの申込にあたって、審査を通過できないのではないか、と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

 

派遣社員でもプロミスで借入できる?

結論としては、派遣社員でもプロミスを利用することは可能です。プロミスでは、職業の種類によって審査基準が変わるということもなく、安定した収入があるかどうか、そして20歳〜69歳の方であるかどうか、ということにまず着眼されますので、派遣社員であるからといって門前払いになることもありません。
ただし、派遣社員であっても、安定した収入がないとか、就労期間が短すぎるといった状態で、返済の信用に欠けるという場合には残念ながら審査を通過することは難しいでしょう。

 

派遣社員とプロミスの審査

派遣社員であれ正社員であれ、プロミスに申込んで審査を通過することができなければ、プロミスを利用することはできません。
そして、派遣社員の場合は、一定の派遣先に継続して勤務しているという状態であれば、安定して収入を得られていると判断されることが多いようです。
しかし、日によって派遣先が変わるというような勤務形態の場合は、安定性に欠けるとみなされてしまうようです。

 

安定した収入を得られていますか

どんな勤務形態であれ、プロミスを利用することはできます。しかし、審査に通過するためには、返済に充てられるだけの収入を安定して得られているということはとても大切です。そのため、月によって勤務日数が大きく変わってしまうという場合には注意が必要です。給与の額が大きく変動してしまっていると、それも安定性にかけるとみなされてしまい、審査に悪影響を及ぼすことになります。

 

収入が低い場合には申込額に注意

正社員に比べると、派遣社員などの雇用形態であれば、一般的に収入は低くなっています。収入が低いというだけでプロミスの審査を通過できないということにすぐ決定されるわけではありませんが、申込時点の希望額に注意してください。
プロミスは貸金業法という法律に基づいて運営されているため、総量規制という制限が適用されます。この総量規制とは、年収の1/3を超える額を借入することができないという制限のことなのです。そのため、収入が低いからカードローンを利用したいのに、総量規制のせいで思うような額を借りられないということがありますし、年収の1/3を超える希望額で申込を行った時点で審査に通過できないということになります。注意しておきましょう。

 

派遣社員でもプロミスは利用できます

派遣社員でもプロミスを利用できるということを、今回解説してきました。やはり、安定した収入を得られているという評価を得ることが大切です。しかし、収入が少なければ総量規制のせいで不便な思いをしてしまうということもあるでしょう。そのような場合は、複数の仕事を掛け持ちするなどして、年収を多くするという手段も有効です。プロミスでは、個人での年収の総額について審査されますから、派遣の仕事に加えて他にも収入があるということになれば、借入限度額を高く設定することも可能です。ただし、申込の際に1つの勤務先だけについての年収を申告してしまっては、年収が低いままである上に虚偽の申告であるとみなされてしまいかねません。複数の勤務先がある場合には、収入の合計額で申告することを忘れないようにしましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス