プロミスが特別に厳しいというわけではありません

金融機関から融資を受けるためには、きっちり申込を済ませて、厳正な審査を通過しなければなりません。プロミスを利用する場合ももちろん例外ではありませんし、審査に落ちてしまうということも珍しいことではありません。そして、もし審査に落ちてしまったというときは、どうして審査に落ちてしまったのか、ということを知りたいと考えるのが普通です。しかし、その理由を知りたいといくら訴えたところで、開示されることは残念ながら一切ありません。ただ、これまでにプロミスの審査を通過できなかった人のデータを統計的に考えて、ある程度理由を推測することは可能ですから、あらかじめそのような情報を踏まえた上で申込することが大切です。落ちてしまった原因が改善されることのないまま短期間で再度申込しても、審査の結果は変わることがありませんし、そのようなことを繰り返すと今度はどこの金融機関でも審査を通過することができなくなりかねません(いわゆる申込ブラック状態)。
万一プロミスの審査に落ちてしまったという場合には、以下で紹介するような、プロミスの審査で注目されるポイントと自分の現状をしっかり分析して、半年ほどの期間を置いてから再度申込することをおすすめします。

 

安定した収入がなければ融資を受けることはできません

プロミスの利用条件として、20才〜69才までという年齢要件に加えて、「安定した収入がある方」ということが必須とされています。安定した収入がない場合には、返済能力がないものとみなされるため、審査に通過することができず、融資を受けることはできません。安定した収入ということについては、収入の額ではなく、やはり定職についているということが大切です。そして一般的な企業に勤務しているというよりも、公務員や大企業の正社員であるということが高く評価されることになります。もちろん、契約社員やアルバイトなどでも審査を通過することはできますが、評価の面では少し低くなってしまうことは避けられません。自営業やフリーランスなども、収入の額があっても同じく少し不利な評価となります。とはいえ、源泉徴収集や収入証明書など、安定した収入があることを証明する書類などがあれば、どのような職業であれば審査に通過できる可能性は大いにあります。プロミスの審査では、特定の職業や雇用形態で自動的に審査に通過できないというような基準は定められていません。

 

個人の信用情報が決め手

いくら安定した収入を誇っていたとしても、これまでの借入などについて何らかの事故を起こしてしまっている場合には、審査に通過することはできません。他社での借入はもちろん、普段のクレジットカードや携帯電話料金の延滞などの記録は、個人の信用情報として記録されます。また、他社での借入があってもプロミスを利用することはできますが、プロミスでの借入は総量規制という法的な規制の対象になっているというところがポイントです。総量規制とは、他社での借入も含めた総額が、申込者の年収の1/3以上となる場合には自動的に融資が不可能になるというものです。そのため、他社でいくら正常に返済していても、借入額をしっかり確認してから申し込まなければ、プロミスの審査を通過できません。

 

プロミスでの審査を特別警戒する必要はありません

プロミスは大手の消費者金融だということで、「他よりも厳しい審査基準があるのではないか」と不安になったり、警戒したりすることもあるかもしれません。しかし、実際には収入の安定性や信用情報など、他社に比べて特別に厳しいことなどはありませんし、変に身構える必要はありません。あくまで申込者個人の状況を総合的に判断するものですから、すべて正直かつ正確に申告する以外に何も画策する必要もありません。強いていうならば、他社での借入が複数ある場合は、新たにプロミスで借入する前にできるだけそれらを返済し、借入先を少なくしておくことは有効です。確実な返済の履歴は審査にプラスに働きますし、多重債務者であるというマイナス要素を軽減できるからです。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス